内装用無垢羽目板の特徴及び使用上の注意

無垢フローリングのシーゲル サイトマップ
シーゲル札幌ショールーム
株式会社シーゲル
北海道札幌市中央区南9条西17丁目
TEL:011-522-0175
営業:10:00〜18:00(水曜定休)
sapporo@seegel.co.jp
フローリングのシーゲル > ご利用ガイド > 内装用無垢羽目板の特徴及び使用上の注意
特徴及び使用上の注意

対象の商品により異なります。下記よりお選びください
無垢フローリング[床暖房対応]ハイブリットシリーズ 内装用無垢羽目板


内装用無垢羽目板について
健康的で私たちにやすらぎを与えてくれる無垢羽目板は『人に優しい建材』であることと同時に無垢材特有の短所もございます。弊社は商品をご採用頂くお客様に安心してご購入を頂けますよう、本頁で無垢羽目板の特徴および注意点を詳しくご説明させて頂きます。ご検討中に必ずご一読頂けますようお願いいたします。
内装用無垢羽目板の特徴
01内装用羽目板は人と同じように1枚1枚違う表情を持っています
無垢羽目板は無垢フローリング同様に、同じ樹種・品番・梱包であっても、1枚(1ピース)毎に全てランダムに色合いや柄の風合いが異なります。人間が1人1人違う顔や表情を持つように、無垢羽目板も1枚(1ピース)たりとも同じ表情をした商品はありませんし、塗装を施した商品であっても同じです。1枚(1ピース)ごとに表情が違う事こそが自然の産物である証であり、無垢羽目板の最大の魅力です。以上の点をご採用の前に必ずご理解頂きますようお願い申し上げます。
02内装用羽目板だから起こりえること
無垢羽目板は、常に呼吸をしています。湿度の高い環境では水分を吸収し、乾燥した環境では水分を吐き出し、湿度を自らコントロールする働きがあります。従って、湿度の変化により必ず材の伸縮が起こります。これは無垢材の性質上100%回避する事はできません。しかし適正な施工方法と室内環境(湿度調整)を保つことにより、生活に支障をきたすようなトラブルは回避することができます。無垢羽目板をご採用の際は、生活に支障をきたさない多少のスキ、ヒビ割れ、反り、色の経年変化は必ず起こるものと認識し、ご採用の前に必ずご理解を頂きますようお願い申し上げます。
03業者様は必ずお客様にご説明ください
天然無垢羽目板をご採用頂く際は、本頁の「無垢羽目板特徴及び注意点」を必ず事前にお客様(お施主様)へご説明ください。もし、その際にお客様が天然無垢羽目板の特性をご理解頂けない場合は、弊社では壁紙等、別の壁材のご採用をおすすめ致します。
内装用無垢羽目板の注意事項
スキ・反り・ヒビ割れ・色変化のリスクを増幅させる現象

膨張の突き上げのリスクを増幅させる現象(※無垢羽目板は水を嫌います)

  • 無塗装でご購入の羽目板も必ず塗装をしてご使用ください。無塗装のままだと色の変化が激しく、また手垢やシミが付着しやすくなります。
  • 羽目板も無垢フローリング同様、高温多湿の環境下では「突き上げ」を起こす可能性がございます。無垢フローリングの施工と同じく、貼り始め・貼り納めは5mm程度の隙間を設け、幅木・廻り縁で隠してください。また1枚1枚必ずクリアランスを設けて施工を行ってください。
  • 寒冷地でストーブ、ヒーターを使用する地域では、冬場に羽目板が痩せる場合がございます。
  • 弊社で取り扱っている本カタログに記載の羽目板は、すべて内装用となります。外部や浴室でのご使用は避けて下さい。サウナ室に無垢羽目板をお使い頂く場合は、節の少ない下記の推奨商品の中からお選び下さい。
    サウナ室推奨品 → 桧(無節上小込) ひば(無節上小込・カスリ込)